セフレを本気で好きになってしまいました


こればっかりはどうしようもないことですが、いくら相手のことを本気で好きになったとしても、相手がセフレだったらたぶんいつかは別れなければならない時が来るでしょう。本当にむなしいです、どうして私のパートナーはセフレなのだというふうに恨み言も言いたくなりますが、もともと私自身が「彼との関係はセフレ」というふうに割り切って考えたうえで関係をスタートさせたので、あまりわがままを言うわけにはいかないのです。私がわがままを言ったらきっと相手の男性を困らせてしまうでしょうし、相手の男性を困らせたらきっと嫌われてしまうだろうなと思うのです。

困らせてしまったらきっと「じゃあいっそのこと別れようか」ということになってしまい。せっかくセフレとしての関係を持つことができているのに、そういう関係すらもなくなってしまうかもしれません。もし本当にそんなことになってしまったら、私としてはとても耐えられないのです。

たかがセフレではないか、というふうに考える人も多いと思います。援助交際のパートナーとかセフレといえば、どうしても悪いイメージを持たれてしまいます。ある程度は馬鹿にされても仕方がないとも思っています。しかし、セフレの男性との出会いは私にとって特別なものだったのです。セフレの彼は私に、本当の意味で満足できるセックスとはどのようなものかということを教えてくれた唯一無二の存在なのです。

相手の男性は私と違ってすでに結婚している人なので、私が思っているほど、私とのセックスを大事には思っていないかもしれませんが、私があれだけ衝撃を受けたのだから、相手の男性にも同じように衝撃を受けていてほしいという思いは当然のことながらあります。これはほとんど女としてのプライドのようなものです、私の子の気持ちに共感してくださる人が果たしてどれくらいいるのかということは分かりませんが。この人と毎日セックスできる奥様(毎日セックスしているかどうかは分からないのですが)が本気でうらやましいと思ってしまいます。

私と同じように奥様も衝撃を受けたのでしょうか?でもそれならなぜ、この男性はわざわざ出会い系サイトを利用していたのでしょうか?出会い系サイトを利用していたということは、新しい出会いを求めていたということだと思います。もしも奥様との関係が本当に良好だったら、出会い系サイトを利用して新しく出会いを求める必要なんてないのではないかというふうに私は考えるのです。

私は彼にぞっこんだからこそ、こんな妄想までしてしまいます。もし、彼とおくさまの関係があまりうまくいってなくて、それが原因で彼が不倫をしたということであれば、セフレの私にだって十分にチャンスがあるのではないかと、そんなふうに思ってしまうのです。

オススメの出会えるサイト情報